【血の夢占い】血に関する夢は不吉な場合が多い?パターン別の意味とは

SHARE

【血の夢占い】血に関する夢は不吉な場合が多い?パターン別の意味とは

血に関する夢を見た時の意味をご存知でしょうか?

血の夢の夢占いは、シチュエーションによって大きく意味が異なります。

他人の血を見る夢、頭から血が出る夢、トイレに血がついている夢、生理になる夢、殺人現場で血を見る夢など、様々なパターン別の夢占いを紹介します。

他人の血を見る・他人の血がかかる夢占い

他人の血を見る夢の意味は、エネルギーを消耗しているというサインです。

困っていることや心配していることがある方は、自分で思っているよりも疲れを溜め込んでしまっているのかもしれません。

また、誰かがあなたの生命力を奪っているという解釈の仕方もあります。

もしかしたら、知らないうちに敵を作ってしまっているかもしれないので、自分の言動などを思い返してみると良いでしょう。

他人の血がかかる夢は、金運向上のサインです。

人からプレゼントを貰ったりすることがあるかもしれません。

殺人現場で血を見る夢占い

殺人現場で血を見たという夢では、その血の状態によって意味合いが様々あります。

血はエネルギーを表していますので、鮮やかな赤い血の場合は、今ある困難なことが解決の方向に進むことを暗示しています。

そして、金運や仕事運が上昇することを示しています。

反対に黒い血やドロドロとした血の場合は、良くない状況が来てしまうことを意味しています。

殺人が既に行われて、血が黒く固まった状態が印象的であるならば、トラブルが発生し困難が待ち受けていることを示しています。

ドロドロとした血の場合は、自分が不調であることや金銭面でのトラブルが起こることを知らせています。

頭から血が出る夢占い

頭から血が出る夢は、得することや幸運が舞い込んでくる予兆であることが多いです。

頭から鮮やかな血が流れている状態は、何かに対する罪悪感や憎悪などの葛藤を抱えていても、仕事運や金銭運、恋愛運が上がることを示しています。

また、血の状態によって判断が変わることがあり、特に黒い血や、どろどろした血のときには、自分の体調が悪いことを示している場合が多いので、無理をしていないか体調を見直してみると良いでしょう。

トイレに血のついている夢占い

トイレに血がついている夢は、驚いてしまいますが、吉夢であることが多いです。

金運が大きくアップするという意味があり、その血が体についた場合には、さらに大きく金運がアップすることになります。

しかし、その血が流れてしまった場合には、金運がダウンしていくことを示していますので注意が必要です。

黒い血がついている場合には、人とのトラブルが起こるかもしれません。

ピンク色の血の場合は、恋愛運のアップを意味しています。

生理になる夢占い

生理が原因で血が出る夢を見たときには、生活リズムが崩れてしまっていることを知らせています。

無意識のうちに体が頑張っているのかもしれません。

生理痛を伴う夢の内容だとすると、かなり重い体調不良を起こしてしまっているという暗示です。

自分の体調についてよく知り、休養を取ったほうが良いでしょう。

出血の量が多ければ多いほど、疲労やストレスが強いことを示しています。

実際に生理中だから見るという場面もありますが、殆どは健康運の低下を暗示しています。