【家の夢占い】状況次第で吉夢・凶夢かが変わる!パターン別の意味とは

SHARE

【家の夢占い】状況次第で吉夢・凶夢かが変わる!パターン別の意味とは

家に関する夢を見た時の意味をご存知でしょうか?

家の夢占いは、シチュエーションによって大きく意味が異なります。

家は、私たちにとってなくてはならない存在。そんな大事な家だからこそ、深層心理に深く関わっています。

家が火事にあう夢、家が壊れる夢、家が浸水する夢、知らない人の家にいる夢、家が傾く夢など、様々なパターン別の夢占いを紹介します。

家が火事にあう夢占い

家は自分の心を指し、火事は物事の消化を指します。

家が火事になるということは、心の内に溜め込んでいた様々な思いが解き放されることを暗示しているのです。何か抱えていた悩みがあれば、近いうちに解決するでしょう。

また、誰かに伝えたかったことがあれば、それを告白する場ができるでしょう。

家が火事になれば元の形をなくし、煙が上にのぼっていくことから、良い意味でのリセットの意味もあります。

一から何かを始める暗示でもありますので、挑戦してみましょう。

家が壊れる夢占い

家のそのものが壊れる夢の場合、自分の積み重ねてきたものが壊される暗示の可能性があります。

自分の土台である家が壊れてしまうと、すべてを一からやり始めることになります。ただ家が火事になる夢とは違い、一から始めるといっても心機一転して、というわけではなく、後悔の念などを引きずったまま始めることになります。

崩壊には前触れもないので対処しづらく、それが原因で一度に多くのものを無くすことになりかねません。

予想できないことが起こってしまう可能性がありますので、仕事はもちろん、プライベートも十分に注意を払ってください。

知らない人の家にいる夢占い

知らない人の家にいる夢は、自分が誰かの懐に入ることができるようになる可能性を指しています。

全く知らなかった人とお近づきになったり、少し壁を感じる人でも自分から一歩踏み込めば、胸の内を聞くことができたりします。つまり、相手に気を許してもらえるようになるのです。

また、今まで自分が知らなかった相手の新しい一面を見つける可能性も示しています。

どちらにしても、二人の距離が縮まることには変わりありません。これを機に関係を広げていきましょう。

家が浸水する夢占い

家が浸水する夢は、自分の心が喜怒哀楽のうちのどれかの感情で埋め尽くされることを暗示しています。

何か問題ごとが起こって悩みが心を支配したり、悲しいことが起きて悲しみに心がとらわれてしまう可能性があります。

逆に、楽しいことや嬉しいことが起きて、心が幸福に満たされる可能性も十分にありますので、そこまで身構える必要はないでしょう。

たとえ負の感情でも、心を埋め尽くされるのは一時的なものなので、怖がる必要は全くありません。

家が傾く夢占い

家が傾く夢の場合、2パターンあります。

家が左に傾いている夢は今までの積み重ねが良い結果を生むことができず、最悪の場合、全てが無駄になってしまう暗示です。

一方家が右に傾いている夢はこれまでの積み重ねが認められ、それが実を結ぶという暗示です。

家が左に傾いている夢をみたときは自分がおこなってきた方法などを見直し、新しいやり方に挑戦してみましょう。

また、家が右に傾いている夢をみたときは自分のやってきたことを信じて、そのまま突き進んでください。きっと良い結果が待っています。