【夢占い】歌う夢で隠れた欲求が分かる?歌う夢の状況別の意味とは

SHARE

【夢占い】歌う夢で隠れた欲求が分かる?歌う夢の状況別の意味とは

歌う夢を見た時の意味をご存知でしょうか?

歌う夢の夢占いは、シチュエーションによって大きく意味が異なります。

人前で歌う夢、ライブで歌う夢、好きな人が歌う夢、異性が歌う夢、歌って踊る夢など、様々なパターン別の夢占いを紹介します。

好きな人が歌う夢占い

歌う行為が夢に出てくる時、それは多くの場合「何かを伝えたいという思い」が具象化されたものです。

では、自分ではない誰かが歌っている夢にはどんな意味があるのでしょうか。

それが顕著にあらわれるのが、好きな人が歌っている夢です。

つまりその人が、自分に対して何か強い感情を抱いていることを暗示しています。

もっともそれがどんなものであるかまでは、夢からはわかりません。

その人が歌唱している歌の内容や上手い下手が示しているのは、伝達モチベーションの強さです。

人前で歌う夢占い

人前で歌う夢は、自分が心の奥底に何かを押し殺していることの暗示です。

伝えたい気持ちが強ければ強いほど、歌の内容が過激になる傾向にあります。

また、歌おうとしたがうまく歌えなかった夢は、思いを発露することに対する不安を意味しています。

そして、この種の夢においてもっとも重要なのはオーディエンスの反応です。

隠している気持ちを表現する行為について、自分がどんな印象を持っているかがダイレクトに反映されるからです。

ライブで歌う夢占い

不特定多数の前で歌う夢や、ライブに出演して歌う夢は少々特殊です。

それというのも、そこには伝えたい特定の相手という概念がそっくり欠落しているからです。

つまり、曖昧模糊とした「よくわからないけれどとにかく表現したい!」という気持ちが夢の中で形を取ったものなのです。

ライブの夢もまた、観客席の様子がとても重要となってきます。

端的にいうと、自己評価の程度がそのまま観客数やその反応に反映されることになります。

異性が歌う夢占い

異性が歌っている夢といえば恋愛に関連するものと思いがちですが、一概にそうとはいえません。

歌う異性が誰であるかによって意味が大きく違ってくるのです。

例えばとても齢をとった異性が歌う夢を見た場合、これは金運アップを意味しています。

逆に小さな子供だった場合、その夢は仕事運に絡む暗示です。

上手い下手よりも、その歌を聞いてどう思ったかが重要となります。

そして同世代の異性が歌っている夢の場合、ここまできてようやく恋愛運に関連する夢なのです。

歌詞の内容に重要な暗示が隠されていることでしょう。

歌って踊る夢占い

歌って踊る夢は、自分の心の中に眠っているものがいよいよ押さえきれなくなって噴出しつつあることの暗示です。

けれども、まだまだ押さえておかねばならぬという意識のほうが支配的な時にこうした夢を見ます。

そのため、この種の夢における歌う行為や踊る行為は現実における「吐き出したい思い」「やりたいこと」をとても婉曲的に表現しています。

つまり、夢の中で歌っている内容や踊りの激しさは、抱えている思いそのものとは直接つながりません。

抑圧された、歪なカタチとなって表現されているのです。