【夢占い】花火の夢の意味は?夢占いにおける吉夢と凶夢のパターンとは

SHARE

【夢占い】花火の夢の意味は?夢占いにおける吉夢と凶夢のパターンとは

花火の夢を見た時の意味をご存知でしょうか?

花火の夢の夢占いは、シチュエーションによって大きく意味が異なります。

花火を見る夢、花火が爆発する夢、花火大会に行く夢、手持ち花火をする夢、花火と流れ星を見る夢など、様々なパターン別の夢占いを紹介します。

花火を見る夢占い

花火は占いの世界では、華やかさ・憧れ・願望を示しています。

また、花火は一瞬で消えてしまうはかなさも現します。

あなたが何かあこがれや強い願望を持っている時に見やすい夢です。

その裏返しとして、現状に満足できていないことや退屈感を覚えている時に見ることもあります。

花火の夢を見た時には、ストレスを発散するタイミングであるのかもしれません。

また、花火大会のようなたくさんの花火の夢を見る時には壮大な目標を達成したい願望の表れでもあります。

花火が爆発する夢占い

花火が爆発する夢を見た場合には、自分がその爆発で死んでしまう夢であると、何か目標が達成できず打ち砕かれた気持ちになっています。

どんなに頑張っても、できなかったことが悔やまれてその思いが夢という形になって表れているのです。

また、爆発によって怪我をした時には、その怪我が治るだけの立ち直るための時間が必要です。

今持っている目標をスッパリと諦めて、次の目標を見つける新たなスタートラインに立っているのかもしれません。

花火大会に行く夢占い

花火の夢の中でも花火大会に行く夢を見た場合には、成功するための執着心が心の中に芽生えている証拠です。

花火大会ではたくさんの花火が打ち上がるため、心の中でたくさんの人に自分に対する評価が上がることを期待する気持ちがあります。

もしかしたら、仕事などが多忙すぎるのか人間関係などに疲れているのかもしれません。

また、花火大会を遠くで見ている夢であれば、平穏な毎日を過ごすことに憧れていることが考えられるでしょう。

手持ち花火をする夢占い

花火の中でも手持ち花火をしている夢は、あまり高望みをせず、自分に合った願望を持っていることが分かります。

打ち上げ花火のような派手さはなく、身近な花火である手持ち花火をする夢は、身近な願いをあらわしているため、その願いも叶いやすいでしょう。

また、手持ち花火でも線香花火のようなものであると、気持ちの不安定さを現している場合もあります。

この場合には、心静かで落ち着いた環境の中で過ごしたいという願望の現れとも言えます。

花火と流れ星を見る夢占い

花火は何か大きな目標がありそれに向けて頑張っている時に夢に現れます。

一方、流れ星は運気上昇、希望、探究心などを示していて基本的には吉夢となります。

ラッキーなことに恵まれるタイミングとなりますので、大きな目標が達成する可能性があります。

人生に1度か2度程度しか現れないような、ビッグチャンスとなるかもしれません。

通常では考えられないような、とても幸運な事に巡り逢うこともあります。

流れ星の数が多いほどラッキーなことに恵まれるでしょう。