【夢占い】死んだ人の夢は不運が訪れる暗示かも?状況別の意味とは

SHARE

【夢占い】死んだ人の夢は不運が訪れる暗示かも?状況別の意味とは

死んだ人の夢を見た時の意味をご存知でしょうか?

死んだ人(故人)の夢の夢占いは、シチュエーションによって大きく意味が異なります。

死んだ人が生き返る夢、死んだ人が手招きする夢、死んだ人が泣いている夢、直接話す夢、電話をする夢など、様々なパターン別の夢占いを紹介します。

死んだ人が生き返る夢占い

死んだ人が生き返る夢は、吉夢と凶夢の2つの意味に解釈できます。

1つ目の解釈は、諦めていた目標や夢が叶うという吉夢です。

途中で挫折した目標を成し遂げたり、失恋した恋が叶うことを暗示しています。

2つ目の解釈は、解決したと思っていた問題が、再び持ち上がってくるという凶夢です。

過去のトラブルが蒸し返され、窮地に追い込まれる可能性があることを暗示しています。

吉夢なのか凶夢なのか、慎重に判断することが大切になります。

死んだ人が手招きする夢占い

死んだ人が手招きする夢は、不運が訪れることを警告する夢です。

運気の下降や、体調の悪化など、生命力が弱まっていることを暗示しています。

体調管理に気を配ったり、嫌な予感がするときは、外出せずに家でリラックスするのが賢明です。

死んだ人が手招きしているからといって、死へと直結しているわけではありません。

避けられる危険を回避するための、アドバイスと捉えるようにしましょう。

直感を信じ、行動をすることが大切になります。

死んだ人が泣いている夢占い

死んだ人が泣いている夢は、トラブルに巻き込まれたり、健康に問題があるなど、災難が訪れることを暗示しています。

問題に巻き込まれないように対人関係に注意したり、健康診断を受けるなど、災難を回避することを心掛けましょう。

ただ、涙を流すだけでなく、死んだ人が声をあげて泣いている場合は、運気が低下していることの暗示です。

また、人から非難される可能性が高まっていることを警告しています。

慎重に行動するようにしましょう。

死んだ人と直接話す夢占い

死んだ人と話す夢は、幸運が訪れることを暗示する吉夢です。

仕事が上手くいったり、思いがけないチャンスを得られるなど、運気が上昇していることを示しています。楽しそうに話しているほど、訪れる幸運の度合いも高くなります。

良いアイデアも浮かびやすく、ポジティブに行動することで、更に運気を高めることができるでしょう。

また、死んだ人が見守ってくれていることの証でもあるため、感謝しながら日々を生きることも大切です。

死んだ人と電話をする夢占い

死んだ人から電話がかかってくる夢は、運気が上昇していることを暗示する吉夢です。

特に、楽しそうに話していたなら、願いが叶ったり、更なるパワーを得られることを表しています。

また、死んだ人と電話で話していて、話が聞き取りづらい時は、新しい出会いを暗示しています。

聞き取りにくい理由が波の音ならば、海での出会い、喧騒ならば町での出会いなど、出会いの場所を示している可能性があります。

ただ、電話で話した印象が怖かったときは、体調不良や不幸の訪れを暗示していることもあります。