【夢占い】上司の夢は悪い意味の場合が多い?パターン別の意味とは

SHARE

【夢占い】上司の夢は悪い意味の場合が多い?パターン別の意味とは

上司に関する夢を見た時の意味をご存知でしょうか?

上司の夢の夢占いは、シチュエーションによって大きく意味が異なります。

上司に嫌われる夢、上司と手を繋ぐ夢、キスをする夢、怒られる夢、前の職場の元上司の夢など、様々なパターン別の夢占いを紹介します。

前の職場の元上司の夢占い

上司の出てくる夢占いの中でも、前の職場の上司が出てくる場合は二つの意味に分けられます。

上司と喧嘩する夢は、悪い夢のように思えますが、吉夢です。

これから自分の仕事が認められることを暗示しています。

逆に上司に褒められる夢の場合は、ストレスが溜まっていることをを示しています。

叱られる夢の場合も同様です。

いずれにしても、今の職場における現状や仕事について不安やストレスを抱えているときに見ることの多い夢だと、夢占いではされています。

上司に嫌われる夢占い

「嫌われる」夢というのは、自身の内包するコンプレックスを象徴しているとされます。

特に上司に嫌われる夢というのは、仕事や上司との関係に不安がある・評価を気にしすぎている状態を表しています。

特に、不用意な言動で評価を下げる未来を暗示している夢となります。

また、上司に対して劣等感を持っていたり、上司との関係で自己嫌悪に陥っている状態を暗示している場合もあります。

いずれにしても、仕事において状態がよくなかったり、よくない事態が訪れることを暗示した夢といえます。

上司とキスをする夢占い

上司とキスをする夢の場合、上司に対して精神的な欲求を持っていることを暗示しています。

もっと認められたい・尊重した扱いを受けたい、そのように思っているときに見る夢だと、夢占いではされています。

また、夢を見た人がその上司に抱いている感情によっても夢占いの結果は左右されます。

好意的な感情(尊敬・憧れなど)を持っている異性の上司の場合は、今後、恋愛でよい結果が訪れることが暗示されています。

嫌いな上司だった場合は、自信を失っている状態を示しており、あまりよくない夢です。

上司と手をつなぐ夢占い

上司と手をつなぐ夢は、もっと仲良くなって成長したい心理を表しています。

また、繋いでいる自分の手が利き手かどうかで今後の運勢は変わってきます。

自分の利き手でつないでいるという場合、今後もその上司との関係は長く続くということを暗示しています。

逆に利き手ではない方の手でつないでいた場合、縁がだんだんと薄れていく可能性を暗示しています。

また、つないだ手を引っ張られる場合は、上司との関係が好転することを示しています。

上司に怒られる夢占い

上司に怒られる夢は、嫌いな上司に怒られている場合と、好きな上司に怒られている場合で夢占いの結果は変わります。

嫌いな上司に怒られている場合、仕事での困難に立ち向かっていける状態を暗示しています。

今後、仕事で何かトラブルがあっても、乗り越えることができるであろうと夢占いでは示されています。

好きな上司に叱られている場合は、仕事に甘えが出てきている心理状態を示しています。

甘えによって失敗するかもしれないという警告的な夢だといえます。