【結婚式の夢占い】人間関係に変化が起きる?パターン別の意味とは

SHARE

【結婚式の夢占い】人間関係に変化が起きる?パターン別の意味とは

結婚式の夢を見た時の意味をご存知でしょうか?

結婚式の夢占いは、シチュエーションによって大きく意味が異なります。

結婚式は人生における一大イベントという印象があるので、結婚式の夢は、深層心理を表す夢占いにおいても重大なメッセージが隠されています。

自分の結婚式の夢、友達の結婚式の夢、他人・知らない人の結婚式の夢、結婚式の準備をする夢、遅刻する夢など、様々なパターン別の夢占いを紹介します。

自分の結婚式の夢占い

自分が結婚式を挙げている夢を見た場合、それは結婚願望のあらわれです。

大きなイベントである結婚式の夢は、人間関係の節目の訪れが近いことを意味し、親から自立して生きていきたいなどの気持ちからこの夢を見ることがあります。

また、好きな人や付き合っている人と幸せな結婚式を挙げる夢を見た時は、結婚が間近である可能性があります。

もしも結婚式にトラブルが起こる夢を見た場合は、相手に何かしらの不安や焦りを感じていることを意味しています。

友達の結婚式に出席している夢占い

友達の結婚式に参列している夢を見た場合、基本的には良い兆候をあらわす良い夢です。

友達を心から祝福しているならまさに吉夢であり、友達にその夢の内容を報告してあげると更に運気が上がります。

大勢の人で友達をお祝いしているシチュエーションは、これからの人間関係者が上手くいくことをあらわしています。

また、友達の結婚式の夢を見ることは、自分自身の結婚願望が高まっていることのあらわれです。

最前列で祝福していれば、晴れ舞台は目の前という未来を暗示しています。

知らない人・他人の結婚式に出席している夢占い

知らない人や、他人の結婚式に出席している夢を見たら、それは対人運が向上していることのあらわれです。

見ず知らずの人ばかりの式で戸惑いを感じるかもしれませんが、これから新しい人間関係が築かれていくことの暗示であり非常に良い夢です。

また、その式が盛大に行われている場合、全体運がアップしているので色んなことにチャレンジする良い機会です。

独身の人がこの夢を見た場合、新しい出会いが訪れることの暗示でもあります。

結婚式の準備をしている夢占い

式場の下見をしたり段取りを決めるなど、結婚式の準備をしている夢を見た時は、精神状態がベストであると解釈できます。

招待状を送る相手や細かい決め事を相談する作業は、気持ちに余裕があるからこそ取り組めることであり、悩み事がないことのあらわれです。

また、交際している人がいるなら、その相手と結婚する心の準備ができている場合に見ることが多く、この先関係が進展することの暗示でもあります。

ただ、相手と一緒にではなく自分一人で式の準備をしている夢の場合は、自立することへの恐れや不安な気持ちをあらわしています。

結婚式に遅刻する夢占い

自分の結婚式に遅刻する夢を見た場合の夢占いは、今の恋愛関係に問題があることを暗示しており、基本的に凶夢です。

本当にこの人でいいのか、気持ちが揺らいで踏ん切りがつかない状態のあらわれです。

また、自分がいつ結婚できるのか不安に感じる深層心理が働くことで、遅刻する夢を見ることがあります。人の結婚式に遅刻する夢を見た時は、チャンスを逃すことを意味しています。

結婚式でのトラブルの夢は、今後何かしらの困難が待ち受けていることの暗示と言えます。