【お金の夢占い】その状況次第で大き変わる?お金のパターン別の意味

SHARE

【お金の夢占い】その状況次第で大き変わる?お金のパターン別の意味

「お金」に関する夢を見た時の意味をご存知でしょうか?

お金の夢占いは、シチュエーションによって大きく意味が異なります。

お金は現代人の中では、欲求の象徴であり、お金に関する夢を見たときは、自分自身の本当の深層心理を知ることができるチャンスです。

お金をもらう夢、お金を盗む・盗まれる夢、お金を見つける夢、お金が足りない夢など、様々なパターン別の夢占いを紹介します。

お金を盗まれる夢占い

お金を盗まれる夢は問題がありそうですが、実は良い夢で関係改善の意味があります。

夢占いではお金は愛情の象徴とされていて、これが盗まれることは信頼関係が構築される意味を持ちます。

ただお金を盗んだ相手によって、意味が変わってきて知り合いならばその人との関係が良くなる暗示です。

一方よく知らない人に金を盗まれる時は、今起きている問題が解決することを示します。

お金を盗まれる夢は良いことが多く、人間関係や金運が良くなることを表現しているのです。

お金をもらう夢占い

夢の中でお金をもらう場合は、色々な意味があるので気をつけた方がいいです。

お金は夢占いでは生命のエネルギーや、人間の愛情を表現しており、それをもらう事は良い意味がありそうですが、実は逆の意味を持つ事が多いです。

夢の中でお金をもらう場合は、愛情を求めている気持ちを表し、愛情がほしいという願望が叶わず欲求不満の時に見やすい夢になります。

またお金を浪費する可能性も示しているので、お金をもらう夢を見た時は注意すべきでしょう。

お金を拾う・見つける夢占い

夢占いではお金は願望や心理的な不安を表現する場合が多いです。

お金を見つけることや拾う場合は、金額によって意味が変わります。

少ない金額の場合は、お金に限らず何かを拾う・見つけるという行為に強い意味があり、新しい出会いや、可能性の広がりを表現しています。ただ同時に現状への疲労感も表しているので、自分が困っているという潜在意識の暗示でもあります。

大きなお金を拾った場合は、将来浪費の可能性があるので気をつけた方がいいでしょう。

お金を盗む夢占い

夢の中でお金を盗む場合は、現実への不満を感じています。

何かを盗むことは自分に足りないものがあって、それを得たいという願望を意味します。

しかし現実的には得るのが難しく、無理矢理でも取ろうとする気持ちもあらわしています。そのためお金を盗む夢を見た時は強い不満があって、精神的な問題を抱えている場合があります。

そういう意識が自分にある事に気づいて、何が不満なのか考えると夢の意味が分かり、問題を修正して安全に暮らす事ができるでしょう。

お金が足りない夢占い

買い物をする時にお金が足りない夢は、自分に不足しているものがあると感じている事をあわらしています。

何が足りないと感じているのかは人によって違い、お金や才能の場合もあります。

また、お金が足りない夢を見た時は、精神が弱っている場合も多く、不安を感じそれがお金が足りない夢になります。

夢占いではお金は自分にとって、大事なものを表現しています。

それが足りない夢は精神的な弱さや、金銭や才能への不安を感じていることを意味しています。