【夢占い】鳥居の夢は試練の暗示かも?鳥居の夢のパターン別の意味とは

SHARE

【夢占い】鳥居の夢は試練の暗示かも?鳥居の夢のパターン別の意味とは

鳥居に関する夢を見た時の意味をご存知でしょうか?

鳥居の夢の夢占いは、シチュエーションによって大きく意味が異なります。

神社の鳥居がある夢、白色の鳥居の夢、たくさんある夢、壊れる夢、萌える夢など、様々なパターン別の夢占いを紹介します。

神社の鳥居がある夢占い

神社や仏閣など宗教的な象徴物が出てくる夢は、その人の罪悪感、贖罪を示す夢と言われています。

それは、はっきりとした犯罪行為というわけではなく、その人が悪いと思っていて、許して欲しいと思っている事がこの夢に反映されて出て来るようです。

鳥居も同様で、鳥居の中をくぐる事が出来るのは神様と許された特別な人だけ。

その許された1人に入りたいと願っているのです。

また、神聖さについての試練を受けたい時にもこの夢を見ます。

自分は神社や鳥居のような神々しい象徴に許可される人間なのかという疑問から見る夢です。

鳥居が白い夢占い

紅白は古来からめでたさの象徴です。

従って、白色も神を象徴していてもおかしくはありません。

紅色は既にその色に染まり切っている神の色、白はこれから何色になってもおかしくはない色です。

従って、白い鳥居が出現したら、あなたは神様を象徴しているような高い道徳観を要求されている。そしてあなた自身の純白さを試されているという事です。あなたが道を踏み外すことなく、正し

く歩けば白い鳥居の中をくぐる事が出来ますが、もしやましい気持ちで物事を運ぼうとすれば、試練には合格しません。

鳥居がたくさんある夢占い

鳥居がたくさんあるということは、それだけあなたがくぐり抜けなければならない試練が沢山あるという事です。

あなたが許された存在なら、次々と鳥居を抜けて行く事が出来て、正しい道を進んでいる証明がされているという事です。

この試練を楽々とこなしているのならば、あなたは自分の正当さを信じています。

反面、鳥居の多さに疲れていたり、鳥居の多さに圧倒されているようなら、あなたは自分のしている事が正しいのか自ら疑問を抱いています。

見渡す限り地平線まで鳥居があり、それを荘厳な自分に許された風景だと思えれば、あなたは自分が試されるのにふさわしい人間だと思い、自信を持っています。

鳥居が壊れる夢占い

鳥居が壊れるということは、あなたをこれまで支えて来た信念や道徳感が壊れてしまったことを示しています。

これは、自ら引き起こした罪ではなく、他者から修復不可能なほどの被害を受けた際にも現れます。

もしくはあなたが犯してしまったタブーがあまりにも大きすぎて、神聖な鳥居がそれに耐えられなかったということです。

正しく夢から帰還するためには鳥居の修復が可能か、修復してくれる、助けてくれる人はいないか、または壊れていない鳥居がないか探してみましょう。

もし手段がなくても、神主や巫女があなたは許されていると言ってくれるかも知れません。

鳥居が燃える夢占い

鳥居が燃えるということは、これまであなたが神聖だと思っていた価値観が燃えて灰になってしまうということを示しています。

しかし夢における消滅、焼失は、常に新しい価値観の誕生に関連しています。

炎に怯えているだけの自分がいるのではなく、炎を通して新しい神聖な風景を見ている場合もあります。

炎は人を惹きつける宗教的象徴です。

鳥居が焼けたことによって、あなたはこれまでの罪悪感から解放されたのかも知れません。

新しい世界で生きていくチャンスかも知れないのです。